Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018年3月号⭐️コラム「島が戦場になるということ」与那国島在住 猪股哲 南西諸島ピースネット共同代表

 「島が戦場になるということ」

 今から2年前の3月28日、集団的自衛権行使を可能とする安保法が施行され、日本が戦後守り続けてきた憲法9条の理念と平和外交の精神を根本から覆す転換点となりました。そして同じ日の新聞には、沖縄からさらに南西に連なる先島諸島の一番西にある与那国島では、新設された陸上自衛隊与那国駐屯地において沿岸監視部隊(160人)が発足したと伝えられました。

 沖縄が1972年に本土に復帰して以来、自衛隊の基地が新しく作られるのは初めての事で、沖縄県内では大きな衝撃をもって報じられました。自衛隊基地が作られる意味の重さは、沖縄戦の記憶と分かちがたく結びついていて、住民を巻き込み四人に一人が命を落とす壮絶な戦闘を経験した沖縄にとって、軍隊に敵も味方もなく、たくさんの血と涙を流して得られた教訓は「軍隊は国民を守らない」というただ一つの実相でした。

 しかし、同日に起こった二つの出来事が同じ重さをもって全国に伝わらなかったのは残念なことです。

 今、先島諸島で進もうとしている陸上自衛隊を中心にした部隊配備は南西シフトと呼ばれ、与那国島を最初に、奄美大島、宮古島、石垣島に地対艦・地対空攻撃ミサイル部隊を常駐させる計画が進められようとしています。中国脅威論を悪用しながら、他国の目と鼻の先に攻撃的な部隊配備をするということは、東アジアの緊張を高める結果につながるのは言うまでもなく、日本が犯してきた戦争犯罪と向き合った過去多くの人々の努力を踏みにじるものです。そして基地があり続ける限り、島々の住民は有事の際に戦火に巻き込まれるリスクを負わなければならないということも意味しています。

 いざ不測の事態から有事に発展すれば、これら島嶼の自治体は国民保護法に従って、最低でも10万人以上を非戦闘地域へ避難させなければならなくなる、それは到底実現不可能な想定です。そのような覚悟もなく島々を戦場にすることを「国防」や「抑止力」と言い換える防衛省も、現政権も、住民の声に応えることはできないままでいるのみならず、敵に奪われた島を奪いかえす離島奪還演習を、自衛隊単独あるいは米軍との共同で何度も行っています。

 そしてこれらの作戦の中心になる部隊が3月に長崎県佐世保市の相浦駐屯地で発足します。オスプレイ17機を有する「日本版海兵隊」が新しい駐屯地として熱望しているのが、辺野古の新基地であり、その訓練地としての高江ヘリパッドがあって、最前線基地として想定されているのが離島の島々なのです。

 逃げ場のない沖縄戦の惨劇を二度と繰り返さないために、島々では自衛隊配備に反対している住民がたくさんいます。南洋の宝石のように美しい島々が捨て石にされ、再び血と涙で染まらないように、どうかこの声に耳を傾けてほしいと願っています。

 

             与那国島在住 猪股哲 南西諸島ピースネット共同代表

 

| 沖縄から | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年2月⭐️行動報告

⭐️2月3日  署名15筆、 カンパ2200円、 参加者6名

寒い中でしたが、マイクアピールではみなさん先日の松本文明「それで何人死んだんだ」ヤジや名護市長選挙の話題にも触れていました。終了後、延期されていた会議が行われました。(tk)

真夏のオーストラリア、クイーズランドから来られているご家族も、アメリカの基地の問題は日本だけでなく世界中の問題と署名して下さいました。 いつもながらですが、海外の方の方が共通の問題という点において認識度が高いです。オーストラリアにも在豪米軍があります、どんな問題があるのか政治問題になっているのかこれからは質問していこうと思います。国会請願署名は日本に滞在する外国籍の方にも滞在する日本の住所を書く事で署名して貰えます。(k)

 

⭐️2月10日

 

 

⭐️2月17日  参加5名、署名4筆、カンパ0円でした。

今日の街宣行動は、あまりの寒さと人数の少なさのため、18時で終了しました。(mh)

 

 

 

⭐️2月24日  参加者 9名、署名 11筆、カンパ 2000円。

少し寒さがゆるんできたからか、つぎつぎに立ち寄りマイクアピールをしてくださる方が続きました。「米軍は県民を守るためにいるのではない、もしろ、これだけ頻繁にヘリやヘリの部品が落下し、住民の生活が脅かされている。」とアピールする女性も。

 


また、東京MX TVの「ニュース女子」という番組について、すでにBPOの放送倫理検証委員会からも重大な違反と判断されているにもかかわらず番組内容について謝罪も撤回もされていないことに、謝罪を求める抗議行動をされている方も京都ついでに立ち寄り報告をして下さいました。(k)

「TOKYO MX」重大な放送倫理違反 #日テレNEWS24 #日テレ #ntv
http://www.news24.jp/articles/2017/12/14/04380542.html

 

 

| - | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
3.17京都沖縄連帯集会プレ企画! 土木の専門家、奥間政則さんの集中講座⭐辺野古編 !!!辺野古 新基地建設の大問題!!!

∔∔☆ 辺野古新基地は作れない! ☆∔∔

____________________

〜京都沖縄連帯集会プレ企画!

土木の専門家、奥間政則さんの集中講座⭐辺野古編
!!!辺野古 新基地建設の大問題!!!
〜2時間たっぷり講演〜
____________________

■2018年3月17日(土)
午後1時30分 講演開始 (開場1時15分)〜3時30分まで
(休憩15分)
3時45分 質疑応答 〜 午後4時半終了予定
☆資料代300円 (事前申し込みは不要です)

■ウィングス京都 2階セミナー室B
京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地
地下鉄烏丸御池駅 (5番出口) または
地下鉄四条駅・阪急烏丸駅 (20番出口)  徒歩約5分

※ 終了後、可能な方は三条河原町の「京都行動」へ合流をお願いします。
京都行動(5時〜6時半)終了後、交流会を予定しています。
____________________

□奥間 政則さんプロフィール――――

1965年生まれ(出生地:鹿児島県名瀬市) 52歳
沖縄県大宜味村在住
2015年から高江の座り込みに参加することになり、
技術的な視点で防衛局のずさんな工事を指摘。
現在は海洋土木工事の経験を活かして、辺野古の現場で
理詰めでくる防衛局に対し理詰めで闘っている。

□奥間 政則さんからのメッセージ――――

海洋土木工事の経験を活かして、技術者として
防衛局の資料や現場の調査から辺野古の大浦湾の
地盤に問題があることに着目し分析をしてきました。
分析には地質学者も協力してもらい、その結果、大浦湾には
2本の活断層が存在する可能性があるという重大な問題が浮上してきました。
政府は 根拠も示さず必死に活断層の存在を否定していますが、
学者や国会議員、行政の協力も得て辺野古基地建設断念を
目指しています。

 

| イベント案内 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年2月号コラム⭐️ 真宗大谷派僧侶 知花昌一「他人に、命の尊さに、犠牲者・弱者に心を馳せる力が弱くなってきているのではないかと思えるのです。」

真宗大谷派僧侶 知花昌一

 

今、ちびチリガマの前広場には、9月にガマを破壊した少年たちが、金城実さんの指導の下、父母や遺族、保護観察師らとともに、12体の「野仏」(のぼとけ)を制作、ガマを守るかのように設置されている。

 

 チビチリガマにイスラエルのジャーナリスト、アミラ・ハスさんを案内した昨年912日昼、ガマ入口の千羽鶴がめちゃくちゃにちぎられており、びっくり、ガマの内部が心配で、とっさにガマに入ると、飲み水や石油を入れてきたビンが、食料を持ち込んだ壺が、入れ歯が、遺骨が…

 右翼暴力団による198711月のチビチリガマ世代を結ぶ平和の像破壊の時でもガマ内部は破壊を逃れたのに、今回は、そこまでやるなんて…涙が出て言葉がない。

 遺族も「犠牲者は3度殺されたようなものだ」(1度は戦争で、2度は平和の像破壊、今度で3)と嘆いた。金城実さんは「像が破壊されたらいくらでも修復できるのに、遺骨、遺品は修復・復旧できない。だから余計に悔しいし、悲しいし、怒りが出るんだ」と。

 

 破壊行為に及んだ4人の少年たちは「肝試し」「心霊スポット」と言っているが、「肝試し」でそれほどの破壊はしないだろうと思えた。辺野古でも少年が座り込みに故意と思えるように車で突っ込み二人に大けがをさせている。少年法で保護されていることを善いことに後ろに何人か大人の思惑が見え隠れしているのではと勘ぐってしまう。

 

幸いににそのような関係はないようであるが、少年たちは反省し、父母らとともに遺族に謝罪をし、復旧のために何かさせてほしいと申し出ている。

 遺族会と金城実さんはチビチリガマ周囲に「のぼとけ」を500体程度、それこそ皆で共同製作しようと準備が始まっています。

 

 今度のチビチリガマ破壊に限らず、2017年12月には阪神大震災の犠牲者のモニュメントもにも「バカ」「あほ」と鋭利なもので落書きされたし、2003年には、広島原爆の少女像の千羽鶴が大学生に放火されることが起こっている。

 

 平和教育の衰退と言えば言いやすいが、日本社会の現実がこのようなことを創り出しているものと思う。安倍政権による戦争ができる集団的自衛権行使、一連の戦争法強行成立、憲法改悪の動き、差別排外を公然と叫ぶヘイト集団の登場、沖縄においては、民意を無視し強引な基地建設、沖縄バッシングなど日本社会の右傾化・戦争体験世代の減少と比例して、経済至上主義、格差社会の拡大の中で、他人に、命の尊さに、犠牲者・弱者に心を馳せる力が弱くなってきているのではないかと思えるのです。少年たちの問題にとどめることなく大人の日常の問題でもあるものです。

 

| 沖縄から | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年1月の行動報告⭐️

⭐️ 1月6日   署名15筆、参加12名、カンパ33円。

 

2018年の最初の行動報告です。

寒い日でした、行動の最後には足先、指先の感覚がなくなるぐらい身体の芯まで冷えました。沖縄県人会のyさんが沖縄の宮古島からのグループの観光案内をされて通って下さいました。沖縄のためにありがとうという声を掛けていただきました。もう何度もしてきた署名ですとも。チラシの前泊博盛さんのコラムを見て、自分も前泊ですと、前泊という苗字は宮古の姓ですと教えて頂きました。途中からロックアクションと「ノーベース沖縄とつながる京都の会」さんも合流しての今日の街頭宣伝、人が増えるとチラシを受け取る人の確率も増えるようでした。みなさま、おつかれさまでした。(k)

 

⭐️ 1月13日 参加者11人、署名9筆、カンパ1000円です。

 

今月の表紙を描いてくださった方が、行動にも参加してくださいました。
きょうも寒い1日でした。 (t)

親子連れの方から「なんで沖縄に基地が集まるんだろう」「なんでアメリカは沖縄に基地を起きたがるんだろう」と質問があり、暫く会話になりました。話しののちに三条河原町のアーケードを指して「もしここにヘリが落ちてきたり不時着したら、物凄いニュースになる思うわ。」と言われてその場を去られました。(k)


⭐️ 1月20日 参加10名、署名10筆です。

 

神戸行動から参加下さっていました。
神戸、大阪と京都、繋がっていきたいですね。 (y)
 

 

⭐️ 1月27日  署名6筆、カンパ1000円、 参加者5名

 

同じ日に辺野古や東京での活動参加で、定例行動に
参加できる人がもっと少ないと思っていましたが、
参加者もあり何とかやりました。
さっとカンパして行かれる方やご苦労様と
声かけてくださる方もありました。 (y)

 

 

| 活動報告 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/110PAGES | >>
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ