Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019年2月のチラシコラム💫 | main | 2019年2月の行動報告💫 >>
2019年3月号コラム💫 "Worldwide Movement to Save Henoko, Okinawa" by Robert Kajiwara ロバート梶原 (比嘉)

  "Worldwide Movement to Save Henoko, Okinawa"

  Robert Kajiwara ロバート梶原 (比嘉)

 On December 8th, 2018, I started a petition at the White House's website calling for a halt to the landfill and construction work occurring on a military base at Henoko, Okinawa. The construction is destroying a natural coral reef that is home to hundreds of rare and endangered species, such as the Okinawan dugong. The reef is being called the second most biodiverse reef in the world, only behind the Great Barrier Reef. To lose this reef would be an environmental disaster. 

 The petition currently has over 200,000 signatures, despite heavy censorship by Prime Minister Shinzo Abe, and despite having no major American media coverage.

 U.S. government officials, such as the late Senator John McCain and former Senator Jim Webb, along with military commanders, have stated that this base is not necessary for America's security since the marines would not be used in the event of a conflict in Asia. The military has stated that this base does not necessarily have to be built at this location for any strategic reasons, but is being built at the urging of the Japan government.

 Okinawa was an independent country until 1879, when the Japanese government invaded and annexed it against the will of Okinawans. Japan of course went on to do the same to many other countries in the Asia-Pacific. After World War II, all of those countries received their independence; only Okinawa has not. Though Okinawa makes up just 0.6% of Japan's total landmass, it contains 70% of Japan's military. The U.S. military has stated that Okinawa offers no special strategic advantage, though Japan insists on continuing to place an inordinate amount of bases in Okinawa due to their prejudice against Okinawans and their desire to control and dominate Okinawa. The Okinawan people are overwhelmingly against any new bases in Okinawa, and are calling for an immediate halt to the construction at Henoko.

 The Japanese government is building this base ostensibly on behalf of the U.S. military, however, there are many who believe that Japan's Prime Minister secretly wants this base, and perhaps all U.S. bases in Okinawa, for himself in the future. Both Japanese and U.S. taxpayers are spending billions of dollars every year on military in Okinawa. It won't help America or Japan's defense, but will only heighten tensions with both China and North Korea, causing both to bolster their own militaries.

 Furthermore, the base is billions of dollars over budget, and there are many concerns regarding its structural feasibility due to the soil conditions at the construction site. It is quite likely that cost overruns for this base will continue to grow due to the unworkable location.

 It's time to bring the troops home, cut unnecessary spending, reduce America's overseas military burden, and build more peaceful and friendly relations with both China and North Korea. This is an urgent situation not only for Americans and Okinawans, but for everyone in the Asia-Pacific region. We are asking for an immediate response from the United States and Japanese governments, respectively. 

 

 

 "Worldwide Movement to Save Henoko, Okinawa"

   Robert Kajiwara ロバート梶原 (比嘉)

 

 2018128日、私は沖縄・辺野古での軍事基地で行われている海の埋立と基地建設作業を止めることを求めるウェブ上のホワイトハウス請願書の署名を始めました。その基地建設は沖縄のジュゴンなどの数百種類もの希少絶滅危惧種の生息地である天然のサンゴ礁を破壊しています。そのリーフ(礁)はグレートバリアリーフ(オーストラリア北東部)に次いで世界で2番目に生物多様性の高いリーフだと言われています。このリーフを失うことは環境災害だとも言えます。

 この請願書は、安倍晋三政権による厳しい言論検閲と、米国の大手米メディアがまったく報道しないにもかかわらず、現在、20万筆を超えています。

 軍司令官たちに加え、故ジョン・マケイン前上院議員やジム・ウェブ前上院議員といった米政府高官は、アジアでの紛争に海兵隊は使えようもないことを理由に、この基地は米国の安全保障に必要ではないと言明してきました。軍は、この基地をこの場所に建設する戦略的理由は必ずしもないが、日本政府の要求で建設されていると述べてきました。

 沖縄は、日本政府が沖縄の人々の意思に反して1879年に沖縄を侵略し併合するまで、独立した一国でした。日本は言うまでもなく、アジア太平洋の多くの国々を侵略し、同様のことを行い続けました。第二次世界大戦後、そのすべての国々が独立を獲しましたが、ただ沖縄だけが独立を得ることができませんでした。沖縄は日本の国土のほんの0.6%にも満たない土地にもかかわらず、日本にある軍施設(訳者注 在日米軍施設)70%が沖縄にあります。日本が沖縄の人々への偏見と沖縄を統制し支配したい欲求から沖縄に過度な量の基地を置き続けたいと主張しているにもかかわらず、米軍は、沖縄が何の特別な軍事戦略的優位性を持たないと明言してきました。沖縄の人々は沖縄へのどんな新しい基地建設に対しても圧倒的に反対であり、辺野古の建設を即時に止めることを要求しています。

  日本政府は表向きには米軍に代わってこの基地を建設していますが、しかしながら、多くの人は、日本の総理大臣がこの基地と沖縄のすべての米軍基地を、将来、我が物にしたいと密かに望んでいると信じています。日本と米国の納税者は沖縄に置く基地に毎年数十億ドルをも費やしています。それは米国や日本の防衛を担わないばかりか、中国と北朝鮮の軍事強化を招き、両国との緊張関係を高めるだけでしょう。

 さらには、その基地の予算は数十億ドル超過しています。また、建設用地の土壌状態による構造上の実現可能性について多くの懸念があります。この基地が建設の難しい場所であることから、建設費が増え続けることは極めて明白でしょう。

 今こそ、軍隊を国に返し、不必要な支出を止め、米国の海外に展開する軍事的負担を縮小し、中国と北朝鮮との平和的で友好的な関係を築く時です。これは、米国民と沖縄の人々だけでなく、アジア太平洋地域のすべての市民にとっての緊急事態です。私たちは米合衆国政府と日本政府の双方に、速やかな応答を求めています。

 翻訳にあたり、浅野健一さんにご協力をいただきました。

| 沖縄から | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:54 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kyoto-action.jugem.jp/trackback/603
トラックバック
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ