Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019年1月の行動報告💫 | main | 2019年3月号コラム💫 "Worldwide Movement to Save Henoko, Okinawa" by Robert Kajiwara ロバート梶原 (比嘉) >>
2019年2月のチラシコラム💫

――――どの故郷にも戦争に使う土砂は一粒もない―――

 

知っていますか?辺野古の海を埋め立てる土砂(岩ズリ)の75%が、本土(鹿児島県・熊本県・長崎県・福岡県・山口県・香川県から)から持ち出されます

辺野古に運ぶ本土の土砂には、環境省が「外来生物法」によって移動や販売を禁止する有害な「特定外来生物」が生息しています。例えば「ゴケグモ類」は、土砂を搬出する全6県に生息しています(他にアルゼンチンアリ、ヒアリ、オオキンケイギク等も特定外来生物です)

この有害な土砂の移動は、沢山の観光客を楽しませてきた沖縄の豊かな自然をかく乱し、人命を危険にさらすことにつながります。

 

以下「環境省外来生物対策課」のホームページより・・・・・・・・・・・・・・・

セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモ等ゴケグモ類は、

     外来生物法に基づく「特定外来生物」に指定されています

外来生物による生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害の防止を目的に、外来生物法では、特定外来生物に指定し、これらの生きた個体を持ち運んだり、飼育したりすることを禁止しています。セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモ等のゴケグモ属については、人の生命又は身体に関わる被害があることから、外来生物に指定されています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

政府の沖縄への暴挙・愚行が目に余ります。希少なサンゴの宝庫、宝の海を埋めること、戦争につながる新しい基地をつくることに沖縄県民は圧倒的な世論で「ノー!」を突き付けています。しかも埋立予定地にはマヨネーズ並みといわれる軟弱地盤があり、これから設計変更するとしても、工事費と工期は膨大に膨れ上がります。

さらに、私たちは本土の土砂が有害な「特定外来生物」に汚染されていることを世論に訴えて、無謀な埋立計画を中止させましょう!

「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」は、現行の「沖縄県土砂条例」を改正強化して、有害な外来生物を沖縄に持ち込ませない運動を続けています。   

  (辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会 共同代表阿部悦子)

 

 

| 私たちの「思い」 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kyoto-action.jugem.jp/trackback/602
トラックバック
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ