Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2017年12月の行動報告⭐️ | main | 2018年1月の行動報告⭐️ >>
2018年1月号⭐️コラム「権力―暴力の独占装置」 前泊博盛(沖縄国際大学教授)

    コラム「権力―暴力の独占装置」                 前泊博盛(沖縄国際大学教授)

 

 時代が「戦争」に向かっている。そんな嫌な予感とムードの中で、2018年の新年を迎えた。そんな年始。戦争を考える3つの新作映画をDVDで観た。「ヒットラーへの285枚の葉書」「ダンケルク」そして「ハクソー・リッジ」。

 

「ヒットラー・・」は、第二次大戦中、一人息子の戦死を機にドイツ人夫婦が、親衛隊が跋扈する独裁政権下のドイツで手書きビラ(手紙)の反戦を訴え始める。ヒットラー政権下の恐怖政治の中で、国民は殺戮に駆り出され戦死していく。その不条理に気づき、反戦を訴える二人を、国家暴力に支配された国民は見捨て、権力は斬首で封じる。


 「ダンケルク」も第二次世界大戦中、ドイツ軍の猛攻で敗走する英仏軍兵士ら30万人の海岸線での救出劇。圧倒的な独軍の兵力の前に、兵士らは空爆と空襲、銃撃で反撃の術もなく殺され死んでいく。30万人もの人間を「次の作戦(本土決戦)」のため「捨て石」として見捨てる時の英政府。そのことを知らされず、救出を信じる兵士ら。軍は民を見捨て、民が軍を救う「ダンケルクの奇跡」が描かれる。

 

「ハクソー・リッジ」は、太平洋戦争の沖縄戦で、日米両軍が死闘を繰り返した前田高地で100人近い負傷兵を救出した米衛生兵の実話を元に「良心的兵役拒否」に対する軍隊の暴力といじめ、軍の矛盾、戦場の残虐で壮絶な死闘。国家催眠と集団心理で愛国心を煽られ、正義の名の下で戦死を強いられる。

 三つのDVDに共通する「国家」「権力」「軍隊」「戦争」「暴力」「犠牲」のキーワードが、残念だが2018年の時代を読み解く重要なキーワードになっている。


 北朝鮮と米国の「国家」対立は、なぜの激化するのか。暗殺と粛清を繰り返す金正恩体制の「権力」は、なぜ維持されるのか。北朝鮮の核武装化、在沖米軍の事件・事故増など「軍隊」の暴走、暴力に国際社会は、なぜかくも無力で寛容なのか。いまそこに迫る「戦争」の危機に、なぜ国民は無視と無知と無関心でいられるのか。

 

沖縄では高江、辺野古の新基地建設が「国家」「権力」「軍隊」「暴力」によって強行され、選挙で示された「新基地建設反対」の住民の民意は、ドイツ人夫妻の告発同様に国民と国家権力の暴力で抹殺され、ダンケルクのように「捨て石」にされる。良心的兵役拒否の沖縄県民に、国家権力やネット右翼の暴力や誹謗中傷の「いじめ」が、公然とまかり通る。

 

国家権力という「法的暴力独占装置」が暴走した時、国民に止める手段はない。政治学者の丸山真男は「端緒で抵抗せよ」と説いた。暴走前に、どう制御するか。「選挙の年」の今年の最大のテーマとしたい。

 

| 沖縄から | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:02 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kyoto-action.jugem.jp/trackback/573
トラックバック
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ