Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017年3月行動報告⭐️ | main |
2017年4月号コラム⭐️「いまできること」by 安藤朱里

「いまできること」

 

 わたしが沖縄に移住して2年半が経ちます。以前は内地で仕事をしてましたが、沖縄の歴史、現状を知り、また“内地の人がもっと声を上げて欲しい”と現地で言葉をもらい、いま行かなくてはならないと仕事を辞めて移り住みました。
 何度も民意は示されているのに、アメリカの為にどんなに莫大な資金を使ってでも辺野古の新基地をつくろうとする現政権。 そしてその手先となって動いているのが警察機動隊、海上保安庁です。 今は県内の機動隊で行われていますが、以前のように今後県外の機動隊も何百人とやってくると予測されています。 座り込みをする人に対する不当な逮捕が続いており、逮捕された人は50人にも及ぶほどになっています。
 去年の12月には名護市北部の安部にオスプレイも墜落しました。粉々になったオスプレイは、あと1秒でも違う方向に行っていたら集落に落ちるところでした。 その大事故を、日本政府は不時着といまだ墜落の事実を認めず、アメリカ軍は住宅や人間に被害を与えなかったから感謝しろ、表彰ものだと言いました。 知事を先頭に、県民が反対してるオスプレイが墜落したのに? 本当に唖然としました。
  いま強固に沖縄の民意を無視して新基地が推し進められているのは、内地の人々の多数の無関心に責任があると思います。 無関心でなければ、もっともっと多くの人が声をあげていれば、こんなにも強引に新基地建設など推し進められないはずです。 特に、若い人になればなるほど歴史や現状を知らない人が多いと思います。 それは教育過程でも、普段の生活でも教えられていないからだと思います。 教えていない大人の責任もあり、だからといって、ネット社会において自分から現状を知ろうとすればたくさん情報はあります。
 去年末、見せかけの“和解”、出来レースの裁判が終わり、工事は再開しました。 この国に生まれた1人の人として、沖縄の歴史、現状を学び、現場を見に来てください。 わたしもこれからもこの現状にNOと声を上げていきたいと思います。
                       

                                                              安藤朱里

| 沖縄から | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:28 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kyoto-action.jugem.jp/trackback/548
トラックバック
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ