Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2016年12月号コラム⭐️寄稿/目取真俊 | main | 2017年1月 vol.99 チラシ⭐️コラム 寄稿「ヘリパッドいらない住民の会」田丸正幸さん >>
2016年12月行動報告⭐️

⭐️ 12月3日 署名23筆、カンパ1852円、参加者10名

 

わたしの感想ですが、賛成と反対がいつもながらはっきりしている印象です。チラシを受け取ってくれるひとは明確に基地反対派で、受け取るどころか「キチガイ」などと罵倒していくひととは対照的です。以前はどうだったか知りませんが、今はこんな感じです。賛成もしくは反対のひとびとの立場は揺るぎそうにないので、「中立」「無関心」のひとびとに届くような言葉を見つけたいものです(無論、反対の立場のひとの翻心が誘えたらもっと良いのですが…)。 (r)

 

「沖縄で米軍に誰か生命を助けられた事があるでしょうか、米軍は市民を守りません。米軍による暴力は市民の上に止むことはなく、基地は性暴力を連れてきます。だからこそもう基地はいらないと沖縄の人たちは声を上げ、また私たちは沖縄のこえを聞け、犠牲を押し付けたくないと意思表示をしてきています。沖縄は能登半島より小さな島です、そんな島に全米軍の74%が集中しています。沖縄は何度何度、もう基地は要らないという民意をあらゆる手段で示してきています。その声を聞かないことにして、うかうかしている場合ではありません。京丹後に米軍Xバンドレーダー基地ができ、日米合同委員会で合意された福知山の自衛隊基地で米軍の実弾射撃訓練が始まろうとしています。‬」参加者アピールより(k)

 

 

⭐️ 12月10日「いのちの森 高江」上映と田丸正幸さんのお話に

 

スタッフ参加、ご協力、参加下さった方々へありがとうございます。
65人プラススタッフという参加だったかと思います。
田丸さんのお話だけでもと駆けつけて下さった方、
高江のテントやらで出会って、大阪からも沢山の方が来られて
交流会にも参加下さってとても嬉しかったです。
急激な冷え込みの中、直前のデモからの参加もありがとうございます。
人数オーバーでも、あるものを一緒に分かち合うが温かく、
多くをつないで下さった田丸さんを沢山で出迎えられたのも
ほんまに良かったと思っています。(k)

もう一度聞きたい、聞きそびれたことがある、
参加できなかったという方にはこちらで録画が以下URLで視聴できます。


「いのちの森 高江」上映会と「ヘリパッドいらない住民の会」田丸正幸さんのお話し http://iwj.co.jp/wj/open/archives/351281

 

 

 

⭐️ 12月17日 署名8筆、カンパ500円、参加者9名。

 

さらに寒くなってきて、暗くなるのもずいぶん早くなったためか、チラシのハケが一層悪くなった気がします。はければよいというものでもないのですが、裾野は狭まってしまうのは残念です。本日の街宣にご参加なさったみなさま、お疲れさまでした。他所での予定のために参加できなかった方も、お疲れさまです。(r)

 

参加者の1人が英語でアピールされたのがとても新鮮でした。国土の1%にも満たない0.6%の沖縄に在日米軍の75%が集中していますと、数字だけを確認して、これまで何人の観光客含む外国人が頷いて署名して下さったか知れません。Even though you are not a Japanese person, as long as you live in this world you are involved to problems of human degnity. How about thinking Okinawan issues, too.Please don't hasitate to take part in our action for Okinawa and our selves. 最後に共に行動をと呼び掛けられたのも良かったなあと思いました。「沖縄にオスプレイが墜落し米軍の調整官が会見しました。街の中に落ちなかったから感謝せよと、おかしな話しだと思います。一歩間違えれば人の上に落ちた場所、事故が起こっても日本側での検証すら行えません。京都の京丹後Xバンドレーダー基地でも最初に約束された事が守られていません。とうとう福知山の自衛隊基地で米軍の実弾演習が始まるという事態に繋がっています。1つ出来てしまうとなし崩しで許してしまう事が京都でも実証されつつあります。」「海や森や水を守りたいと沖縄で抗う人が居ることを心に留めて下さい。」アピールより。京都行動はクリスマスeveだろうが来週もやります!と最後の一声に皆の顔が緩む街頭でした。(k)

 

 

 

⭐️ 12月24日 署名:19筆、カンパ:214円、参加者:8名

 

ひとりの参加者のかたが持参した横断幕を設置されたので、少しく華やかなアピールができたように思います。
また別の参加者が、通行人から暴言を吐かれたこともあって厳しい情勢だなと(また)感じさせられましたが、先週の署名数よりはよかったなぁと、ほんの少し安心した気持ちもあります。昼間とは打って変わって夜は冷え込み、マイクを持つ手が震えました。

さて、本年のアピールは昨日で終わりでした。来年もよろしくお願いします。良いお年を!

 

| 活動報告 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:56 | - | - |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kyoto-action.jugem.jp/trackback/540
トラックバック
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ