Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020年6月チラシ★コラム「この政権は沖縄を、そしてそこで暮らす人々を、いったい何だと思っているのか」コロナ禍の中、辺野古・変更申請書が提出された!---知事への意見書提出を!北上田毅(沖縄平和市民連絡会)

「この政権は沖縄を、そしてそこで暮らす人々を、いったい何だと思っているのか」コロナ禍の中、辺野古・変更申請書が提出された!---知事への意見書提出を!

 

                    北上田 毅(沖縄平和市民連絡会)

 

 

辺野古新基地建設反対運動がいよいよ正念場を迎えている。

コロナ禍のために沖縄にも緊急事態宣言が出され、6年近く続いてきた県民のゲート前座り込み行動も休止せざるを得なくなってしまった。しかし政府は、知事の工事中止要請も無視して、「工事を続ける方針に変更はない」という態度を取り続けてきた。その後、防衛省の本省職員や辺野古の現場作業員にも感染者が出たため、4月20日になって工事の「当面中断」を発表せざるを得なくなった。今も(5月31日現在)、工事は再開されていない。

ところが防衛局は4月21日早朝、こうした事態にもかかわらず県に変更申請書を提出したのだ。大浦湾には厚い軟弱地盤が拡がっていることが判明したため、地盤改良工事が必要となった。そのためには公有水面埋立法に基づき、変更申請書を提出し知事の承認を得なければならないのだ。

 しかし何故、この時期に提出する必要があったのか? 沖縄県庁でも、職員の半数が在宅勤務を強いられており、2200頁もの変更申請書の審査は容易ではない。県が十分に対応できない、県民も抗議運動に立ち上がれないということを見越して強行したとしか思えない。

「この政権は沖縄を、そしてそこで暮らす人々を、いったい何だと思っているのか」(2020年4月23日 朝日新聞社説)という怒りの声が沸き上がっている。※

辺野古新基地建設事業では、未明のアセス評価書持込など(2011年12月28日)、とんでもないことが続いてきたが、今回のコロナ禍の中での変更申請書提出は、政府の沖縄蔑視をそのまま示している。私たち県民は変更申請書の撤回を求めている。

 

全国の皆さんへのお願い

変更申請書は、7月中旬頃から3週間、公衆への縦覧が行われます。そして、その内容に対して誰でも知事に意見書を出せるのです。2013年の埋立承認申請の縦覧の際は、県民だけではなく、全国からもあわせて3371通もの意見書が提出されました。今回は、それを上回る意見書を集中させ、辺野古新基地建設事業に対する反対の声を届けましょう。

(変更申請書は、縦覧が始まれば沖縄県辺野古新基地建設問題対策課のホームページでも公開されるので参照してください。)

 

※記事参照

(社説)辺野古問題 県民不在 極まる暴挙:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/DA3S14452274.html

 

| 沖縄から | 12:55 | comments(0) | - |
| 1/66PAGES | >>
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ