Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019年7月💫行動報告

💫7月6日 本日の京都行動、通る人の注目を浴びていたジュゴンです、スマホかざされてました。でもジュゴンの海を守りたいってことが書いてあるチラシにはお辞儀したり、手でゴメンして通り過ぎる人が多くて、署名も、先用事すませてまた来ますとか。沖縄もう待ったなしで浅瀬からばんばん海潰されてるんやでー。せやろがいおじさんのように河原町三条で叫びたくなるのをグッと堪えるのが、毎度のことだったりはします。「基地建設に反対してカヌーに乗っています。大浦湾にはシュワブ岩という岩があり、アジサシの繁殖の場所になっていますが、政府はその岩にネットをかけてしまい、もう何がしたいのか分からない状況です。」カヌーのメンバーが帰京してマイクを握ってくれました。(y)

 

 

 

💫7月13日 京都行動は北上田さんを迎えての講演会でした。雨の中、参加いただきました方にはありがとうございます。喉の調子が悪いと言われる北上田さんですが、最長ではないでしょうか、ノンストップ100分超えの講演です。「来年4月ぐらいには防衛局から軟弱地盤改良について、設計概要の変更申請書が出るが、それを玉城デニー県知事が承認することは絶対ありません、その時点で工事は頓挫する。辺野古側に土砂が投入されていても肝心要の大浦湾の方は全く工事に着手できない。」

こちらから講演アーカイブは見られます。北上田さん講演会「辺野古に基地は作れない!これだけの理由」(京都市)

 

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/452819

 

 

 

💫7月20日 署名、9筆、参加者9名、カンパ100円

「辺野古新基地建設を問う」沖縄県民投票の結果を受けても止まらない工事、今や辺野古の海を埋め立てているのはまさに私たちだと思うとマイクで話してみました。そして、明日の参議院選挙で私たちの政治を変えたいと思いますと。辺野古から帰られたばかりのTさんも、現状をマイクで報告してくださっていました。 (k)

 

 

💫7月27日 署名7筆 カンパ1050円 参加者8名
成人の方だけでなく、男子の高校生の方々も
署名してくださいました。(y)

 

(ちょこっと補足)私立高校の寮にいる沖縄出身の学生さんが、友だちと一緒になんで京都で?と立ち止まられる、そして友人に普天間、辺野古のこと知らないよねと問うような会話に。知ってるよと友人さん。反対している人は多いし、現に家族も、でも政府は工事を無理に進めている。高校で勉強している事と矛盾すると会話は続く。。爽やか〜な制服姿のお2人でした。

 

| 活動報告 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年7月号コラム💫TOYO(豊岡マッシー 三線二胡奏者、イラストレーター)

TOYO(豊岡マッシー 三線二胡奏者、イラストレーター)

 自分の通っていた小学校は首里城の隣にあった。守礼の門をくぐって登校していたが、観光客も通る道のすぐ脇に、近より難い入口があった。それが総延長1kmにも及ぶ日本軍司令部壕だったとは大人になってから知ったのだった。ここに壕を作ったおかげで首里城は木っ端微塵に粉砕され、跡地には米軍が琉球大学を建ててしまった。

 自分が東京に出てきて、24歳の時に首里城はようやく再建された。帰省するたびに首里の丘に赤い宮殿が立っている姿は誇らしいものだった。沖縄の戦後は文化を取り戻す戦いでもある。泡盛が熟成を重ねバーの棚からウイスキーを追いやった。米兵相手のロックよりでかい音でエイサーが鳴り響いた。90年代ワールドミュージックが三線音楽を一つのジャンルとして押し上げた。そして自分は沖縄ユニット「イチャリバーズ」の活動や三線教室を東京で開催している。

 しかし普段の活動で基地問題の話などはあまり触れない。そのストレスから国会前に行ったり集会で演奏するようになった。高江や辺野古にも行くようになった。東京に住んでいるからこそウチナーンチュとしてのアイデンティティが自分を駆り立てている。翁長知事が亡くなった時は悲しくて横顔を描いていた。そのあとのデニーさんの選挙はたくさんのバナー、動画、楽曲を作って熱狂的に応援した。そういう自作の絵や動画を映しながら三線を弾いて二胡を奏で、歌を歌い、沖縄文化を語る。そんな独自のライブをやるようになっていた。

 そして海に投げ込まれた赤土にショックを受け辺野古の海をテーマに作品を作った。描いているうちに気付いたことは現実は辛くて見たくないけどファンタジーなら描けるってことだった。辺野古の海には琉球人魚が住んでいてカヌー隊を見守っている。聖獣のジュゴンとともにカヌーを乗せて宇宙と交信する。そんな夢の中の様なアニメを作った。ピアノ、三線、二胡の音楽をつけた。

 思えば、ファンタンジーっていうものが、抑圧や、変えられない現実から心を守る魂の避難場所なのだ。辛い現場には「歌」が必要なように。抑圧は文化を生み、場所を超え、時間を超え、民族の記憶になっていく。そんな大きな魂のつながりの中の一人でありたい。トラックを止められない自分はなんて無力なんだろうと思うけど、やはり、自分は平和の礎の中の一つの石ころでありたい。そう思いながら今日も三線を弾いている。

| - | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年6月の行動報告💫

💫6月1日 辺野古ブルーのマーサァさんが京都行動に寄ってくれました、少し話して下さいました。「圧殺の海」というけれど、海でカヌーの人を危険に排除している海上保安官の方こそが心を沈め圧殺されているのではないかと思うという事なども。

行動の後はウェルカムビールでかんぱいでした。 (k)

 

 

 

💫6月8日  署名 8筆、参加者 8名、カンパ100円

最初に(夜のハートピア京都での集会にお話していただくために来ておられるお二人の)辺野古新基地建設反対に取り組んでおられる奥間政則さんと韓国済州島の軍事基地反対の運動に取り組んでおられるノ・ミンギュさんからマイクアピールをしてくださった。
文字通り熱い訴えに対して、自分の問題として(沖縄に基地を押し付けてる側の問題として)辺野古新基地建設反対を京都でもっと広げていかないとと今までもですが更に思いました。(y)

 

 

 

 

💫6月15日 署名4筆、 参加者7名 、カンパ1100円

 

署名を集めていると質問や疑問や語りかける方もおられるので、私にかぎらずどなたも、自分なりの言葉で趣旨を説明したり意見を述べたりして対話をしていこうとしています。この日も若い男性の方が、沖縄の地理的位置、国政選挙での状況、などからの疑問・質問がありました。とても十分に答えられたとは言えないですが、沖縄への押し付けの歴史、沖縄の民意・民主主義と人権、地理的位置ではない、平和外交などについて私なりの思っていることを対話したつもりです。たぶん沖縄に押し付けるんじゃなくて自分の問題として考える人を広げたいと言う趣旨は、おそらく共鳴していただけたようで、署名をされました。疑問・質問などについて、話し合う場でもあるのだなと思いました。足早に通り過ぎる多くの方にも、まず関心をもってもらうにはどうすれば?、いつも課
題です。(y)

 

 

💫6月22日 参加者9名 署名9筆 カンパ1350

デモ終了後の街宣でした。デモ参加者が合流してくれるかと期待しましたが期待外れでした。 (m)

 
💫6月29日 参加者11名、署名6筆、カンパ1200円
心配した梅雨空は何とか我慢してくれました
 SBT君がでっかいジュゴンを抱きかかえての参加でした(m)
 
| 活動報告 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年6月号チラシ💫コラム 山崎優子(新月灯花) 「タイトル 戦わない闘いのバトンを」

山崎優子(新月灯花) 「タイトル 戦わない闘いのバトンを」

 

『三泊四日、沖縄の旅!辺野古座り込みツアー!抗議船で大浦湾クルージング!』なんてパックはどーだろーか?ただふざけてるワケではない。意外と若い子は興味を持つ気がするんですよね。

辺野古の座り込みに参加してみて思ったのが「あぁ、ここも若い子か少ないなぁ」でした。私達は、原発事故以降、毎月福島に通っていて“反対デモ”にも参加していましたが、若い子が少ないのです。特に地元の若い子は皆無に等しかった。

「若い子は興味を持ってない」と、大人は思いがちだが、それは違う。

 

むしろ「大人が興味を持たせない様にしているのでは?」と、感じる。福島で、地元の中高生と路上イベントを続けているが、みんな真剣に考えているのがようやく分かって来た。だけど、大人が強めの主張を専門用語で捲し立てたりすると子供は萎縮して壁を作る。でも、壁を壊してみると、一人の熱い“人間”が現れるのですよ。

長くなる闘い、次世代に受け継がれないと敵の思うつぼ。大人達の血の滲むような日々は敢えて仕舞い“大人”のプライドを捨てて若い子と真剣に向き合う時期だと思うのです。

 

 

「集まれ辺野古500人行動」https://twitter.com/henoko 画像から転載  (一番手前が優子さんです)

 

新月灯花/ブログ https://ameblo.jp/ingrecord/

 

ロックバンド「新月灯花」ゲート前へ - あつまれ辺野古500人行動〜基地建設止める奇跡の一週間

https://henoko500.hatenablog.jp/entry/2018/04/21/173337

 

2018年4月「あつまれ辺野古500人行動」でのゲート前での新月灯花さん 

https://twitter.com/nashika_ryo/status/989009333278011392

 

https://twitter.com/TOYOsanshin/status/989031907043233792

m/nashika_ryo/status/989009333278011392

| 沖縄から | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年5月💫行動報告

5月4日  署名17筆 参加10名 カンパ100円
 

私の立っていたところでは中高年の夫婦の方や若い女性の方が、署名しますと言われてしてくださった。署名する方はすぐ近づいて来られるし、全く素通りされる方は急いで行かれるという感じで反応が「はっきり二分」された感じの日だった。立ち止まり興味を示す方はやはり外国からの旅行者が多いが、そういう興味を持ち立ち止まる方を増やしたいものだ。マイクアピールの中で、二人の方がビギンやモンゴル800の歌や替え歌もされてるのが、心に届いている時もあると思った。 (y)

 


 

5月11日 署名 12筆、カンパ 1000円、参加者 8名。

 

もはや暑い日でした。
今日はミンサー織の法被を着て参加してくださった沖縄出身の方が、美しい声で唄を添えてくださる行動でした。たくさんの方の行き交う町へチラシは飛ぶように撒かれていきました。
そして今日もスペイン、オランダからの観光の方も宿泊先の住所を書いて署名に協力下さいました。置いている写真を見て、米軍基地は生物にも影響があるんだねと確認されたり、スペインにも米軍基地はあり、たまに事故はあるね、という話も出来ました。
行動後、携帯を見たら、今日もしてたんですね、とか、今から行きますというメッセージが来ていたりで、そして本当に辺野古帰りの方が立ち寄って下さって嬉しかったです。連休中に行かれた辺野古ではテントで浦島さんにお話を聞かれていて、実際にあの海を見られて、絶対に守りたいと思われたそうです。(k)

 

5月18日 参加7名、署名13筆、カンパ341円でした。

ウクレレを持って来てくださったTさんが、沖縄に行って作られたオリジナル曲「hello」を唄いながら、初めて行かれた名護で大浦湾にそそぐマングローブの海で見た変わった生き物や海の色の話を語ってくれはりました。行かれたのは昨年の3月、天皇ご夫妻が来沖されたタイミングだったようです、あの期間は米軍機は完全に飛ばず、随分と露骨な安全対策で、沖縄の日常がいかに危険な状態を強いられているのか実証した期間でもありました。さて、今日もブラジル、オーストラリア、カナダ、イギリスと各国の方が署名してくださいました。最後に署名して下さったアメリカ、ジョージア州の方は、沖縄に行かれた事がありますか?という質問に、なんと明日行きます!と。美しい海、沖縄、良い旅になりますように、に添えて、広大な米軍基地も見る事になりますよと伝えると、それは嫌だわと。見た事を自国へ持ち帰ってもらいたいです。唄や音色はいつもは振り返らない人をも振り返らせてくれるようです。
Tさん、また来てくださるそうです。 (k)

 

5月25日 参加者11名、署名数30筆、カンパ2200円

 

大変天気が良く暑かった京都行動。私は最後ギリギリの参加でしたが、その間にも海外の方が相次いで関心を持っていました。

 

ひと組はアイルランドとアルゼンチンの方でしたっけ?日本の音楽に興味があり、購入したアナログレコードを見せてくれました。ちょうど先日のNEWS23で、定額聴き放題のネット音楽配信サービスが普及した結果、日本のポピュラー音楽に興味を持つ外国人が増え、日本のレコード店で旧作を探して買い求める外国人もけっこういるという話を聞いたばかりだったので個人的にタイムリーでした。

 

本日は#0525辺野古を埋めるな全国同時アクションへの連帯という事で東京から送ってもらったポスターも掲げました。(t)

 

 

| 活動報告 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/116PAGES | >>
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ