Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
戦争展@立命館平和ミュージアム 8/1〜8/6 9:30〜16:30 写真展「辺野古・高江のいま2017」を開催。

| イベント案内 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年7月号コラム⭐️何度海に突き落とされても、何度でも漕ぎつづける辺野古ぶる〜 辺野古ぶる〜 by(カヌーメンバー)の柴田鉄也

何度海に突き落とされても、何度でも漕ぎつづける辺野古ぶる〜   
                        
 はじめまして、辺野古ぶる〜のてっちゃんまたは、しばです。カヌーに乗りだしてからまだ半年、浜辺やテントで食べること、カヌーの上で寝ることだけが得意分野です。これから特異な仲間たちを紹介してゆきます。
 全国からの若者が来ては海の虜になり移住する人もいるそんな一人でもあるTOさん。おじさんと呼ぶにはまだ早い面倒見がよく気を配れるエース。若きリーダーといえばサントリーでおなじみのNちゃん。戦闘モードと普段の落差に驚かされる。集中力と根気と経験、判断力で誰にも引けをとらない彼女。

 忘れてはならないのが地元沖縄出身で著名な物書きであるYさん。ほぼ毎日海に出ながら帰った後ブログで発信し続ける姿に誰もが尊敬してやまない。厳しい言葉の裏には基地建設反対への強い信念と勇気がある。時々冗談をいってじぶんで笑っていたりする。高江でも活躍、雑誌の表紙に載ってるようなおじさんよりかっこいい、MJ〜。彼が教えてくれたおまじないは石投げで10回跳ねられたら恋が成就するとか。その効果は来てのお楽しみということで。

 たくさんいるPさんのうちの一人で猫のみーちゃんが好きな彼女はとってもおもしろい。年齢不詳で日々仕事もしながらどーやって若い人を呼び寄せるか考え発信している。ダイビングチームの一員でもあるTさんはケアの仕事を抱えながら、カヌーに船に乗って情報を的確に収集、泳ぎもお手の物。いつも意外なプレーで驚かせるTMさん。海保に拘束された後も抗議の声をやめずみんなの心に響く言葉を発してくれる。経験豊富でつねに最前線で体を張り足が動かなくなるまで抵抗を続けるYさん。いるだけで安心感を与えてくれる大先輩のKにぃ。狙ったぼけよりほんまのぼけがおもしろい。英語ブログ担当のMちゃん。笑顔と存在だけで周りが明るくなる。

 SSさんは高江の時も同様、的確な情報と知識で若者への指導者のような存在。YRさんはトラックの運転うますぎでしょ。あとフォロー役に徹して影の主人公。本気だしたらかなりの実力者。YUちゃんにはびっくり。ためらうことなく飛び込み懸命さに誰もが触発される。文句なしの次世代のリーダー。SMさんはリーダーの模範のような人。周りの失敗しても声を荒げることなく情報を伝え一番の信頼感がある。辺野古ブル〜はもちろん他にもいるんですけどきりがないのでこのへんで。

 最後は船長紹介。船でも筋トレずっとやってる頼れる船長もいるし、毎朝朝飯とお茶を欠かすことなく持ってきてくれる船長。ポセイドンにのるアピール力で存在感抜群の船長。沖縄に過重に負担させる根源、日米安保の不条理・差別性を本土で運動を起こしてほしいと訴えていた船長、、それでも海の天候と安全を一番に考える。安定感のある演説とガイドで本土や海外からやってきた人たちを平和丸で案内する船長など。
 ミーコ、ちゃー、ぐれは本名名乗っても共謀罪成立にはならないでしょ。くつろぎ加減半端ない、いぬ化しつつある猫たち。ちゃーを毎朝散歩に連れてゆくMA船長は見た目とは違うの懐の深さと愛情の人。あとTOちゃん船長は見た目だけで圧倒的存在感。
 どうでしたか?辺野古に行きたくなりましたか?あなたを待ってる。なぜなら新しい出会いが触発と喜び・愛を産み、破壊と排外の政治に勝つことができると信じているから。


 

      辺野古ぶる〜(カヌーメンバー)の柴田鉄也

 

| 沖縄から | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年6月の行動報告⭐️

⭐️ 6月3日  署名11筆、カンパ1000円 、参加者5名

 

東京・沖縄・京都の方々が通過後また戻って
来られて署名していただき、(ともに)頑張りましょうと
励ましの声をかけてくださいました。
他にも「本当にひどいですね」と言って
署名する方もおられました。
このような思いの声かけは、本当に励みになります。(y)

 

⭐️ 6月10日

 

⭐️ 6月17日

 

⭐️ 6月24日  参加者11名、署名7筆、カンパ1302円。
沖縄慰霊の日の翌日の京都行動でした。
「負担軽減と言いながら新しい基地を作るのがおかしい。
沖縄県が政府にたてついているのではない、辺野古、高江
の地元の区も名護市長も反対している。夏休み、現地をぜひ
見にきて下さい、僕も行きますので、現地でお会いしましょう。」
間も無く現地へ戻るという参加者アピールより (k)

 

 

| 活動報告 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年5月の行動報告⭐️

⭐️ 5月6日  署名18筆、カンパ550円 、参加者7名

 

ごくごく少し雨がぱらつきましたが署名が
濡れるほどではなくてできました。
年配の女性の方が足を止めて署名してくださり
「私の夫も辺野古に行ってきました。」と微笑して
行かれたのが、心に残り、励みにもなりました。(y)

 

⭐️ 5月13日 署名6筆、 カンパ320円、参加者11名

  

共謀罪反対マルイ前街宣終了後、合流しました。
80才の老人が色々話し掛けてきました。(m)

 

⭐️ 5月20日 「山城博治さんがやって来る!京都集会」に行動を変更しました。

 

「わたし、山城に掛けられた容疑は共謀罪そのものでした。」勾留中の扱いを聞くに日本の人権も何もあったもんではない悍ましい程の後進国ぶりを知りました。虫歯の治療はせず、痛かったらペンチで抜くのだそうです。治療を受けたければ自白をしろとは、本当に拷問だと話されましたが、いまは中世かと思うほどの蛮行です。国連人権委員会は4年に一回、加盟国の調査をするのだそうですが、今年は何と日本の番だそうで、世界に「日本凄い!遅れてる!」と曝け出されることを期待をしてしまいます。(k)

こちらからアーカイブが視聴できます。

山城博治さんが京都にやってくる! http://iwj.co.jp/wj/open/archives/379336 @iwakamiyasumiさんから

 

| 活動報告 | 01:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
2017年6月号コラムに代えて、詩とrap lyrics  written by 古勝・アンドリュー・直次郎

 

コラムに代えて、詩とrap lyrics  

written by     古勝・アンドリュー・直次郎

 

ここにあるすべて

 

ここにはある ここにはない

ここにはある ここにはない

 

ここにはある青い海と空

ここにはない天地引き裂いたビルの山

 

ここにはあるオリオンビール

ここにはない核のプール

 

ここにある心ある三線

ここにない心ある忖度

 

ここにある違法テント

ここにない違法議事堂

ここにある爆音訴訟団

ここにない鳴かぬのなら鳴くまで待とうホトトギス

 

ここにある日米地位協定

ここにない憲法九条

どこにいったおじーおばーの求めた平和

 

ベースキャンプアイランド

 

深夜23時爆音で目覚める  一日の終わり  夜の始まり

ペイデイセール からのフライデーナイト 

ざわめく砂辺 日本語はきこえない  飲酒運転、突撃ブロック塀

飛び起きおじー またあんたらか  いやぼくじゃないかーら

マリーンズごーほーむ  マリーンズごーほーむ

 

言い逃れ断罪から逃げ延び  祖国でグリーンカード

三億人の無神論者は 未だに知らずこの島の基地

 

誰も知らない51番目の島  あたま抱える騒音外来種

戦闘機とヘリ 日々若者はへり 発病沖縄病患者は まっすぐ美ら海とゲート前

僕らの頭上ひとっ飛びさ  忘れるな 時間と祈り 日々世界をたたり

いつかあなたとこの手を叩き合いたい  武器を握らなくなったみるくゆがふーで

ここはベースキャンプじゃない  島国チャンプルーアイランド

誰もが皆いちゃりばちょーでー  けんかはちょーでーじー

ハーフなんて新差別  アメラジアンなんてまじ壁じゃん

なくせその金網 ガタイほど怖くない

ハートの大きさは おきなわも一緒 みなちょーでー

 

| 沖縄から | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/105PAGES | >>
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ