Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017年12月号チラシ⭐️コラム 辺野古の無計画な埋立工事 土木技術者 奥間政則

辺野古の無計画な埋立工事

土木技術者 奥間政則

 私は土木技術者の立場で辺野古の新基地建設反対運動に参加しています。以前に古宇利大橋の橋脚(柱)工事の現場責任者として海洋土木にも携わってきた経験を活かして、辺野古の工事を技術屋の視点で分析すると、あまりにもずさんな計画で工事を進めようとする防衛局の技術レベルの低さに呆れています。

 今年の5月26日に沖縄防衛局に伺い、3つの質問を突きつけました。 一つ目は汚濁防止膜の問題、二つ目はポセイドン(海底地盤の調査船)の調査目的、三つ目はケーソン護岸の 基礎構造の問題についての質問ですが、未だに防衛局から回答がありません。

 一つ目の汚濁防止膜の問題は、海上工事で発 生する濁り水が工事区域外に流出しないよう に工事の周囲を完全に締め切り、さらに防止膜 (カーテンのようなもの)を海底まで下げて設 置するべきものを、防衛局の計画では、区域を締め切らずにいくら水深が深くてもこの防止 膜は海面から一律7mしかありません。このよう なずさんな計画でも防衛局は濁り水は地区外に 流出しないと言っています。

 防衛局の環境アセスの報告書の記述には、環境に影響がない根拠としてシミュレーション解析の理論式を 故意に細工して、環境保全の基準との整合は図られているようにしていますが、協力してくれている物理学者の方が流体力学の観点からそのウソを暴いたのです。流体力学が専門の物理学者であればこの問題を暴くことは充分できたはずですが、当時の仲井眞政権ではこの問題をあえて追求しなかったと思われます。

 二つ目のポセイドンの調査目的の問題は、今年の2月から4月にかけて2か月以上大浦湾の調査を行ったポセイドンがどんな目的で調査をしたのかということです。船舶の位置情報が正確に把握できるサイトでポセイドンの航跡を調べると、ある一部では24時間ランダムに動きながらも、正確に10m間隔で南北方向に調査していることがわかりました。ポセイドンはGPSで制御してスクリューが 360 度回転しながら船の位置を一定に維持 することができる特殊な船です。本来ボーリング調査は1か所に留まり一定の期間調査をするものなので、 ここで行われている調査はボーリング調査でないことがわかります。

 大浦湾は広く琉球石灰岩が分布しているので、今回の調査は琉球 石灰岩の空洞化を調べるための音波探査ではないかと思われます。

 琉球石灰岩という岩を一般の人にも解りやすく例えるとすれば “骨粗しょう症”のようなもので、いわゆるスカスカな状態の岩で す。このもろい岩は波の影響を受けやすく浸食され空洞ができ、長 い年月を経て鍾乳洞が形成されていきます。よって空洞化の可能性 や強度にもばらつきのある琉球石灰岩は重要な構造物の基礎地盤と しては適さないということが私たち土木業界の常識です。

 防衛局が公開したポセイドンの計画書には16箇所の調査箇所が記されているのに対し、こちらが独自で収 集したポセイドンの位置情報を正確に図面にプロットしてみると120箇所もありました。すべてが調査ポイ ントか不明ですが、防衛局が計画している箇所とは明らかに違うところでポセイドンが痕跡を残しています。

 そしてポセイドンの調査が一部のケーソン護岸近辺の沖合を 集中的に調査していることも把握でき、地理の専門家から情報 を提供してもらった断層の想定ライン上にその調査箇所が重な り、さらにケーソン護岸のラインであることもわかりました。防衛局にはポセイドンの調査目的は、琉球石灰岩の空洞化及 び、断層の有無の調査なのかを明らかにするよう求めています。

 そして三つ目のケーソン護岸基礎構造の問題は、埋立区域の 中でも滑走路の先端部にあたる重要な護岸の基礎構造についての質問です。防衛局が県に提出している設計 図では、捨石(1~2tの大きな石)を積み重ねるだけの基礎構造 となっています。ところがその直下の地盤は沖積層という軟弱 地盤で、さらにその下には強度にばらつきのある琉球石灰岩と いう不安定な地盤なので、ひとたび地震が発生した場合にはそ の振動で軟弱な地盤が液状化して、基礎の捨石ごと護岸が崩れる可能性が非常に大きいです!

 防衛局が計画していた捨石の基礎というのは、ただ単に海中 に石を投入して積み上げただけで、その石の隙間をコンクリー トなどで一体化させているわけではありません。そのような構造ですから地震のことも考慮した設計とは言えないお粗末な計画と言わざるを得ません。右の図の青いラインと赤いラインの護岸はすでに沖縄県との協議を終えて施工できることになっていますが、黒いライン (ケーソン護岸)は基礎構造に問題があるため構造の変更、すなわち設計変更が必要です。そこで沖縄県知事の権限が効力を発揮することになり、防衛局は変更協議もできない状態です。

 これまで分析してきたポセイドンの調査データやケーソン 護岸の基礎構造の問題などから、地盤に深刻な問題があると確 信してメディアに情報を提供して、地質の専門家に取材をお願いしてたところ、 9月24日に赤旗新聞が重要な指摘をした記 事を掲載しました。その記事では地質学専門の琉球大学の加藤名誉教授が活断層の可能性を指摘しています。 さらに琉球新報も10月25日「辺野古海底に活断層か」とい う見出しで、一面トップで活断層の問題を取り上げました。

 防衛局が平成9年に調査した資料には、「基盤中の断層によ ると考えられる落ち込みが確認されています。」という報告も あります。防衛局が協議できないケーソン護岸の問題は、護岸 の下に軟弱な沖積層があり、その下には問題の琉球石灰岩があ り、さらにその下の岩盤に活断層の可能性があるとなれば、護 岸を造ること自体不可能ということになります。

 琉球新報の活断層の有無についての質問に、防衛局は「文献 などによると北部で目立った活断層は確認されていない」と答 えていますが、加藤名誉教授は「活断層の可能性を否定するな ら、国は早急に調査資料を公表し説明すべきだ」と情報公開し ない政府を厳しく指摘しています。

 私たちの基地建設反対運動はただ単に反対するのではなく、 理詰めでくる防衛局に対して理詰めで対抗できる強力な有識者も加わり、政府と対等の立場で闘っています。

 

 

 

| 沖縄から | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年11月行動報告⭐️

⭐️ 11月4日  署名 21筆、参加 8名

 

「80艇のカヌーが出る光景を見られた事はありますか?」先週辺野古海上行動でカヌーで海に出てきたという参加者アピールに声援が飛びました。中学の時、沖縄に修学旅行で行きました、読谷にホームステイして、チビチリガマを見学し、金城さんの平和彫刻を見ました。そう言って署名してくれる学生さんも。学校の先生の役割は大きいです、取組が実ってますねー。(*´∀`*)ノ 昨日から今日にかけて一気に冬型に変わる天候に肩をすくめる夕方ですが、ヤンバルクイナのNo Osprey バナーを掲げて京都行動です。沖縄では瀬嵩の浜で満月祭が行われているところ、同じ月を見ての京都行動でした。
ヤンバルクイナのバナーにある文字を「ノーオスプレイ」と音読して通る過ぎる方にもどんどんチラシははけて11月号ジュゴンの新チラシに変わりました。(k)

 

 

 

⭐️ 11月11日  署名7筆、参加者9名

 

沖縄に子供が住んでいる、沖縄出身なんです、というかたが署名くださいました。
京都でこういう署名を集めたりしているグループに街頭で会えたことをどう思って
おられるのか、また聞いてもらったらどうかなと個人的には思いました。
辺野古の話は酷いなあ、涙出てくるわと言って通り過ぎる方もおられたそうです。

「沖縄の基地を止める魔法が使えないだろうかと思う。でも沖縄では魔法でもなんでもなく、座り込みなど非暴力の取組で珊瑚の海を破壊する海上の基地建設を、沖縄の民意を支える全国からの市民も手伝って止めてきています。そうして10年以上海を守っているんです。」京都行動参加者アピールより 今期初めて寒い!と感じる京都行動どした。(k)

 

 

⭐️ 11月18日  署名11筆、カンパ750円、参加者8名

 

少し寒い京都行動でしたが、外国の方が、親指を立てて👍笑っくれたり、親子で署名してくださったりしました。
みなさま、風邪ひかないようにしてください。(t)

 

⭐️ 11月25日  署名6筆 、カンパ500円 、参加者8名

 

先日の米兵の飲酒運転による(県民男性)死亡事故
なども取り上げて、新基地建設反対や不平等な地位協定
の問題などなどを交代でマイクアピールしました。
私の立っていたところは、東京から来られた女性の方が
署名されて「ごくろうさま」と声をかけていかれました。
(寒くなって来ていますので、参加される方は防寒を
されたほうがいいと思いました。) (y)

| - | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年11月号チラシ⭐️コラム

衆院選2017 京都行動的?ふりかえり 

 これを読んで下さる皆さんに心から感謝しますマジで。なぜなら私達が路上から何か訴えても耳を傾けメッセージを受け取ってくれる人は残念ながら限られているからです。ましてや京都から距離的には遠い沖縄の話とか。 けどその遠くの沖縄の話、京都の(本土の)我々の問題でもあります。国土面積の0.6%の沖縄に在日米軍専用施設面積の約70.6%が集中しているという不公平。沖縄から基地を無くすどころか普天間基地一つさえ減らせず県内の名護市辺野古に移設されようとしています。この「沖縄イジメ」が道義的に許されないのは勿論、黙認すればやがて我々も同じような目に遭わされかねません。東村高江の米軍ヘリパッドと同様、県民の理解が得られぬままの強行ずさん工事には湯水のように血税が投入されています。これまでの我々の選挙結果の積み重ねでこうなったとも言えるでしょう。というわけで衆院選2017を京都、近畿の話を中心に沖縄の基地負担軽減の視点で振り返ります。 「悪政の限りを尽くした安倍自公政権もさすがに終わりでしょ?けど反安倍で維新や希望の党みたいな補完勢力選んだら一緒やで、どっちも憲法改悪で辺野古移設推進やで」とか思いつつ蓋を空けてみたら議席の3分の2を超える自公圧勝。日本の領空すらかすめて無い北朝鮮のミサイル実験を脅威と煽ってJアラートまで発動、綿密なリサーチで勝てると見込んで解散したのかこの野郎。一方民進の公認候補は(京都の!)前原誠司代表により希望の党に流れたりそれはおかしいと立憲民主党が生まれたりの混乱。大阪では維新との選挙協力もあって希望の候補者ゼロ、京都では立憲の候補者ゼロという対照的な構図に。希望と言えば京丹後米軍Xバンドレーダー基地を抱える京都5区、の井上一徳氏(沖縄防衛局長時代に辺野古移設を推進し露骨な反対運動潰しをしてきた人物)が選挙区で落選した事自体は本当に良かった。が党首小池百合子氏のお友達優遇なのか近畿比例名簿2位の大抜擢ゆえ比例復活とか最悪。ただ全国的にはゲス維新や希望は振るわず立憲が健闘した事が若干の慰め。立憲の辺野古移設「ゼロベースで見直す」はあくまで「見直す」であり民主〜民進時代は辺野古移設容認だったのも忘れませんが枝野氏は「トップダウンではなくボトムアップの政治を」と述べました。ならば我々の声で辺野古移設断念を迫りましょう。また立憲の健闘の影には日本共産党の徹底的な野党共闘がありました。その共産は辺野古移設について選挙中もハッキリNOを示していましたがこのブレない党が議席を減らした事は誠に残念。他にも触れたい事がありすぎて書ききれませんがこのへんで。 今回の選挙で憲法改悪が現実味を帯びてきた一方、沖縄はハナから憲法に守られていないとも言えます。全4選挙区のうち3つで辺野古移設反対の候補が当選し改めて民意が示された沖縄。選挙と共に裁判で、そして基地建設現場での抗議で国家の暴力に抵抗しています。私も10/25には約80艇のカヌーと9隻の抗議船で100名以上が抗議するという「海上大行動」にカヌーで参加。辺野古や高江はあなたを待っています。なかなか沖縄までは行けないというあなたにも、改めて最後まで読んで下さりありがとうございます。次回の選挙では沖縄で起きている事を我々自身の問題として投票に臨んでいただければ幸いです。

                                                                                         高砂俊治

 

| 沖縄から | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年10月の行動報告⭐️

⭐️10月7日  満月祭開催のため街宣行動はお休み

 

⭐️10月14日  参加者数6人 署名9筆、カンパ1500円

 

⭐️10月21日  氷雨降る中6時まで街宣しました。7時からは奥間政則さんを迎えての高江の報告会でした。

 

⭐️10月28日  本日の行動参加者は7名、滋賀からも一人来てくださいました。カンパは0円、署名は7筆でした。

 

      

 

台風の返し風吹く沖縄を思いながらの京都行動でした。沖縄帰りのバナーが翻ってたちまち元気になりました。島ぞうり君は話しかけます。「関西からスカイマーク片道5000円強(もう少しするかも)くらい、那覇の空港からヤンバル急行1600円、辺野古まで路線バスで350円、片道10000円くらいです。辺野古へ行こう。」

 

           

 

       

| 活動報告 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年9月の行動報告⭐️

⭐️ 9月2日  参加者11名、 署名13筆、カンパ50円

 

やんばるに行ってきたという方が署名してくださいました。
夜に市役所前から安倍政権に反対するデモが出発するので
その前に京都行動のチラシ配りをされる方や新しく参加される方や
大阪行動参加の後に京都行動も参加される方など様々な方が参加されて
いました。(y)

 

 

⭐️ 9月9日

 

⭐️ 9月16日 署名7筆、カンパ1000円、 参加者6名

 

台風直前の荒天でしたが、何とかマイクアピールも
チラシ配りもやりました。(y)

 

⭐️ 9月23日 「標的の島 風かたか」上映会と三上監督のトーク 開催のため街頭行動は休ませていただきました

 

 

 

 

⭐️ 9月30日 署名9筆 、カンパ200円、 参加者6人

 

署名をする方はどんどん近づいて来てされますし
通り過ぎる方はなかなか近づいて来られないという
はっきりとした違いがあります。関心を持ってもらう
ようなアピールを更に考えたいです。
解散が行われた今、日本の進路や平和に
とっても重要な問題と訴えました。(y)

 

チラシを配っていたら大学生が声を掛けてきました。全国から機動隊が500人が行くのは、そもそも現地で活動家がトラックの下に潜り込んむなど危険な阻止行動をするからではないのかと尋ねてこられました。昨年の事ですが、現職の沖縄担当大臣が11万票差をつけて伊波議員が当選し新基地に反対の民意を示した、その翌朝に工事が再開され、それに抵抗するために座込む市民を排除し力尽くで建設を進めるための国権発動ですよ、どちらが暴力的だと思いますかと1時間くらい話になりました。活動家は暴力的だとレッテルを貼られないようにという点ではその通りで非暴力不服従の心得があることも共有しつつですが。え?あなたもゲート前に座込みして排除されたことあるんですか?はい、ありますよ。活動家って言われますが、私のようなふつうに生活する人の集まりですよ、辺野古も高江も。と、そんな学生さんが、一番「えっ!?」となられたのは、昨日も元首相の鳩山さんが座込みされてましたが、国会議員も座込みに来られて警察に排除にあっていることでした。権威主義やなぁと思いますが、沖縄だけでなく議員という肩書の人が沢山現地に参加される事はこういう観点からも重要なんやなと思いました。あ、京都行動はあなたと同じ大学の国際関係論を学ぶ学生さんが13年前に立ち上げた運動なんですよと話しておきました。もちろん、ぜひぜひ自分の目で現地に行ってテントで見聞きしたり交流して来てくださいという事も。一所懸命、辺野古までは何時間くらいかかるのか、車で行って活動家に止められないか(ネットの影響ですね)とか尋ねてはりました。京丹後にできた米軍基地も京都市内から3時間、那覇から辺野古、高江と同じ距離感ですねと話すとなるほどと頷いておられたり、学生さんまた一諸に考えたいです。(k)

 

| 活動報告 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/108PAGES | >>
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ