Kyoto Action ★


沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動★

更新状況
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016年12月号コラム⭐️寄稿/目取真俊

11月29日に辺野古や高江で新たな米軍基地とヘリパッドの建設に反対している市民が一挙に5人逮捕された。一人は高江のヘリパッド建設工事を進めている建設業者の車に抗議行動を行っている際に、警察官の指示に従わなかったということで現行犯逮捕だった。その市民は翌日には解放された。

ほかの4人は、今年1月末にキャンプ・シュワーブのゲート前にブロックを積み、車両の通行を阻止したということで、威力業務妨害の容疑で令状逮捕されており、長期勾留も予想される。

4人のうちの1人は、辺野古・高江の運動をけん引してきた山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)だ。山城さんは10月17日に高江のN1ゲート近くで、沖縄防衛局が設置した鉄線を切断したとして逮捕された。その後、傷害や公務執行妨害、威力業務妨害と再逮捕がくり返され、すでに1カ月半以上の長期勾留が続いている。

11月29日の逮捕も山城さんの勾留を継続し、高江・辺野古の抗議行動の現場から引き離すためであることは言うまでもない。平和運動のリーダーをここまで徹底して抑圧し、その社会的生命さえ奪おうとするような弾圧は、沖縄でもかつてなかったものだ。米軍統治下よりもひどい、という批判も出ている。安倍政権のもとで、公安・警備警察が戦前の特高警察を思わせるものに変わりつつあることを実感させる。

逮捕の狙いの第一が、現場の運動を萎縮させることにあるのは明白だから、これまでと変わらずに抗議行動を続けるため、多くの人がひるむことなく高江にやってきている。森の中での行動も、N1、H、Gの各地区のヘリパッド建設現場に加えて、宇嘉川の河口という地形の険しい場所でもとりくまれてきた。

抗議行動の現場から中心になってきたメンバーを奪い取られることが、大きな痛手であることは間違いない。現場の状況を理解、分析して即座に行動指針を出すには経験が必要だ。リーダーは一朝一夕では育たない。

 一方で、リーダーを奪われたからすぐに縮小するような運動であってはならない。抗議行動に参加している一人ひとりが、自分自身の意識と能力を高めることが問われている。何よりも現場での判断力と行動力を磨かなければならない。特に森の中や県道での抗議行動では、一瞬の判断ミスが警察権力に付け入るスキを与える。

安倍政権がヘリパッドの年内完成を急ぐ今、現場はさらに厳しい状況を迎える。一人でも多くの人が高江に駆けつけてほしい。

 

目取真俊

| 沖縄から | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
【沖縄・高江支援 緊急企画】12/10(土)午後6:20開場 6:30開始「いのちの森 高江」上映会 & 7:45〜「ヘリパッドいらない住民の会」田丸正幸さんのお話し

【沖縄・高江支援 緊急企画】

12/10(土)午後6:20開場 6:30開始「いのちの森 高江」上映会 & 7:45〜「ヘリパッドいらない住民の会」田丸正幸さんのお話し ひと・まち交流会きょうと第4・第5会議室於 参加費1000円  主催: 京都行動 & ピースムービーメント

チラシにはひと・まち交流会きょうとの第4・第5会議室於が抜けています。

 

| イベント案内 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年11月行動報告⭐️

⭐️11月5日  署名8筆、カンパ200円、参加者5人
土人発言に、ご立腹の方がもっと報道してほしいよね。と、言いながら署名されました。
もっともっと報道してほしいですね…。 (ts)

 

⭐️11月12日  署名13筆、参加者10名、カンパ500円

署名は少ないですが、そのぶん思いを持って書いてもらえる気がします。チラシも厳しいですが、こちらも同様に、関心がある方が受け取ってくれるようで、繋がれる実感が持ててこれはこれでいいなと思いました。 (r)

 

 

⭐️11月19日  署名12筆、カンパ100円、参加者9名

ニュージーランドとベルギーの方が来られてお話ししました(海外の方で関心を持ってくださる方が多かったという印象を受けました)。お一方はオーストラリアの主要な米軍基地であるパインギャップの問題に精通しておられ、激励してくださいました。お写真も撮ってくださり、Instagramに上げてくださいました。(その画像です)

 

 

パインギャップ(Google検索)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp

17時の京都はすっかり日が落ちて暗くなった中でのアピールとなり、寒くなってきたこともあってビラ配りの手ごたえも鈍りますが、めげずにがんばりましょう!(r)

 

⭐️11月26日  署名20筆、カンパ4500円、参加者8名

「大阪は(機動隊が派遣されていて)恥ずかしいことになってる。
行けないからカンパだけさして。」という方が来られて署名下さいました。
でも、近畿混合部隊で行っているから同じなんですよと、応えながらの行動
スタートでした。他にも「やっぱりあの土人発言はあかんと思いました。
僕は差別用語やと思っているし、公務員が仕事中ですよね。人口の少ない
ところに人口以上の警察官を送り込んで、建設を進めるとかもおかしい。」
と署名に寄って下さる方もおられました。
両手が塞がっていてすみません、受け取れません、みたいな応答をされる
こともありますが、沖縄はもう両手いっぱいどころじゃないんだよって思う
こともあります、今日もありました。 (k)

 

| 活動報告 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年10月の行動報告⭐️

 ⭐️ 10月1日  署名25筆、カンパ0円、参加9名。

 

参加者アピールより「米軍基地は米軍が勝手に作っているわけではない、私たちの政府がやっている事、それを許している。私たちのお金がそんな事に使われるべきじゃないと思っています。米軍に使うお金があるなら、私達のために使われるべきだと思います。何処かの国が攻めてくると言って、日本政府が必要だと基地を作っている。私たちの年金、医療に使えるお金で何をしているかというと、沖縄の自然、ヤンバルクイナの住む環境を壊している。そんな事望んでいますか?」

 

 ⭐️ 10月8日  署名18筆、カンパ2千円、参加者11名  

 

高江帰りの学生さんやら思わぬ訪問者やらでググッと平均年齢若くなりました。

まさにここは沖縄のシルクロード。でも、さっさと通り過ぎないで ほしい! (m)

 

今日の京都行動、宮古島の自衛隊配備に反対する「ミサイルのない島がいいよね」というチラシを持ってきて下さった方が立ち寄って下さいました。そこへ偶然にもその彼とも友人だという東京からのSさんが京都のRさんと現れ、そしてまたSさんと待ち合わせのYさんがと。まさに人の交差点のような京都行動@三条河原町でした。

 

 

また、まっしぐらに署名しに来られた若い男性がおられ「陸自を辞めたんです。」と話されました。3ヶ月に一度同僚の葬式に出ないといけない事態になったから続けていられなかったと、あまりにもあっけらかんと話されたので驚きました。真偽は確かめようが無いので、ここだけのお話しではありますが。
さて、今日も誰もが自然に帰るような高江の新川川は三条河原町に地下水脈で繋がっているのかと思う瞬間がありました。高江帰りの学生参加者さんのアピールより。「高江で学んだ事、ヘリパッド建設に抗する人が大切にしてきた事は、目の前の作業員を止める事ではなく、機動隊や作業員への話しかけを通じて社会を変える事。手を肩より上に上げない、非暴力であるという事はそれゆえです。私は沖縄の人の思い伝えたくてここで話しをしています。」これを読んで下さったみなさんも、ぜひ、土曜の夕刻は京都三条河原町、京都行動にてお待ち合わせを。(k)

 

 

 ⭐️ 10月15日 カンパ375円、署名26筆、参加者11名

 

イギリス、スウェーデン、フランス、アメリカのかたが来て署名してくださいました。Hさんが久しぶりに参加して、マイクを持ってくださいました。通行人の方が手伝ってくれたりもしました。わたしは、いろんなひとがマイクで話しをするのはいいなと思いました。 (r)

 

 ⭐️ 10月22日

 

 ⭐️ 10月29日 署名 14筆、カンパ 2000円、参加 7名

 

沖縄から来られた男女が署名され、ありがとうと言ってカンパをくださった。(h)
 

| 活動報告 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016.11月号チラシ⭐️コラム 「国に勝つ方法〜直接行動のすすめ」 やんばるぐらし(Twitter:@yanbarugurashi)

コラム 「国に勝つ方法〜直接行動のすすめ」     やんばるぐらし(Twitter:@yanbarugurashi)

 

われわれは、「ここまでならよし」と飼い主が線を引いた範囲内でのみ行動し消費し、主張することを許されているに過ぎない。

 

ひとたびその一線を一ミリでも越えたならば、ヤツらの表情は一変する。容赦なく拳が飛んでくる。ほんの小さな抵抗すら断固として許さず、隙あらば弾圧だ。

 

沖縄にいると、そして高江の現場に行くとそのことが本当によく分かる。

 

家の真横にヘリパッドを作らないでください。夜の十時にオスプレイを飛ばすのをやめてください。木を伐るのをやめて…。こんな、人間としてごく当たり前の願いが聞き入れられない。

 

選挙、議会決議、県民大会、官庁申し入れ行動。およそ考え得るありとあらゆる手段を否定されたわれわれに残された最後の選択肢は、直接行動しかない——体を張って基地を止めるのだ。ゲートの前でスクラムを組む。ダンプカーの前に立ちはだかり進路をふさぐ。基地の敷地内へ入り、その場で工事を止める…。もう何十年も、そうやって沖縄は基地とたたかってきた。たたかわざるを得なかったのだ、最後はいつも直接行動で。

 

高江に通い始めて間もない頃は、よく不思議に思ったものだ。なぜみんな、ここまで直接行動に躊躇がないのだろう、と。座り込む人々の肝の据わりっぷりにはいつも驚かされる。

 

日本の法律では、たとえば道路上での座り込みは道路交通法違反として容易に検挙の対象となり得る。厳密に言えば、プラカードを持って路肩に立つだけでも道路使用許可が必要だ。

 

そんな程度を優に超えた「一線を越えまくった」阻止行動を、一見するとごく普通の、羊のような人たちが穏やかに、軽やかに、非暴力で続けている。検挙を恐れずしたたかに抗議するその姿は確かにラディカルだ。過激派?いや違う。全然違う。一部の心無い人々によって意図的に流布された過激派のイメージとは、あまりにかけ離れている。

 

みんな手弁当で、何時間もかけてバスを乗り合わせて、あるいは近所から自家用車を走らせやって来るのだ。基地問題がなければ普段は家庭菜園の手入れに精を出していそうな、将棋とゴルフと釣りが趣味で、休日は町内の縁台でゆんたく(おしゃべり)してそうな…そんな素朴な人たちが数十人、日によっては数百人という規模でゲート前に座り込み、ダンプを止め、基地の敷地内で抗議活動を繰り広げている。

 

私はここに、沖縄の反基地闘争の歴史の重みと裾野の広さを垣間見る。

 

イデオロギーではなく、平穏な日々の暮らしを守るために。そしてある一定の年齢層以上のお年寄りにとっては、もう二度と悲惨な戦争を繰り返させないという強い思いを伝えるために。

 

1973年、喜瀬原闘争。155ミリ榴弾砲の着弾地点に入り狼煙を上げ抗議。県道越え実弾演習を阻止。

 

1987年、国頭村安波地区。現場への強行突入でハリアーパッド建設を阻止。

 

1996年より現在まで。辺野古沖埋め立てを座り込みと海上行動で阻止。いまだ工事再開の目途立たず。

 

こうやって、ずっと守り抜いてきたのだ。静かな暮らしを。先祖代々の土地を。空を。海を。山を。そして、みんな知っているのだ。体を張って権力と対峙することで、必ず基地と戦争のない世界を手に入れられることを。

 

今日も高江では、誰かが弾圧を恐れず直接行動で工事を止めている。私も明日、高江に行く。一分、一秒でも、体を張って工事を止めるのだ。

 

さあ、直接行動へ。共に座り込もう!

 

 

| 沖縄から | 17:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
| 1/102PAGES | >>
注目></div><br>                               
                                             
                                
                                
                                <div class= .
京都行動★

2004年9月、京都に住む市民・学生が集まり結成した、沖縄の米軍基地に反対する市民運動です。

現在は、毎週土曜日に三条河原町でビラを配ったり、アピールをしたり、普天間基地の「県内移設」に反対する署名を集めたりしています。

「沖縄に基地を押しつけたくない」「戦争反対」…そんな思いを声に出してみませんか?

米軍基地や沖縄への思いをそれぞれの形で表現すること。それが京都行動のスタイルです。京都行動はひとりひとりの思いを大事にしながら、沖縄と繋がることを目指しています。ぜひ、足を運んでみてください!イチゲンサン大歓迎!!

街頭アピール行動in京都
【とき】毎週土曜17:00〜18:30
【ところ】三条河原町商店街の
 アーケード前スペース
※連絡不要、誰でも参加OK!

contact us
nobase.kyoto@gmail.com


リンク
おすすめ
おすすめ
おすすめ